読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルスケア・コンサルティング 食事療法ガイド

毎日の健康は食事から!このブログでは当サロンで提案している健康に良い食事、ダイエットやメタボ対策のための食事療法について書いています。

食事療法 〜美容・アンチエイジング その3〜

美容・アンチエイジング編の続き、

残りの抗酸化栄養素についてと

抗酸化栄養素のオススメ摂取方法です。

 

まず抗酸化栄養素ですが、

前回、ファイトケミカルの話をしましたが、

抗酸化栄養素は他にもあります。

 

②ビタミン
・ビタミンCは、ほぼ全てのフリーラジカル

そして酸化剤のスカベンジャーになります。
ビタミンE:血小板の血塊化を抑制します。
また血小板数を低下します。

供給源:

野菜、果物(※)、

パン/シリアル/穀物(※2)、植物油
 
③微量元素
・セレニウム:抗酸化物質複合体。
ペルオキシニトライトフリーラジカル
を不活性化します。

 

補酵素 CO:補う + enzime:酵素
コエンザイムQ10(ユビキノン)
脂溶性。エネルギー代謝に必要です。
推奨摂取量は30-60mg/日です。
ミドコンドリアの呼吸の一環を担っていて、
ビタミンEの効果を増幅します。
・リポ酸
糖分解とエネルギー再生に必要です。
金属の遷移をキレート化します。
抗酸化効果の持続、
抗酸化物質の減少効果があります。
→ジスイドロリポ酸、
αリポ酸(チオクト酸)などは、
細胞膜脂肪質でバリアされた唯一の抗酸化物質で、
自己再生力、抗酸化物質再生、
グルタチオン減少効果があります。

供給源:パン/シリアル/穀物(※2)
 
⑤その他
体内で合成されるものとして、
以下のものがあります。
・グルタチオン:
酵素システムの一部、補因子を供給。
ビリルビン
ペロキシルラジカルと一重項酸素の掃除
メラトニン
時間リズム調整

 
☆調理、摂取方法について

これらの抗酸化栄養素ですが、

皮の方に多く含まれていたり、

煮たり揚げたりすると壊れてしまいます。

そこでオススメの摂取方法を紹介します


・おやつ

おやつ、間食はついついしてしまいますが、

それをスナック菓子などから、

果物(生かドライ)や

野菜(緑黄色、赤、オレンジ)

に変えます。

・飲み物

ジューサー等で、

フルーツ/野菜ジュースにするのもオススメ。

日に1-2杯ぐらいが推奨摂取量です。

また茶・コーヒー・ハーブティーなども

日に3杯ぐらいまでならオススメです。
・ドレッシング/炒め物

オリーブオイルがいろいろ使えてオススメです。

・穀類

全粒粉・ふすま・玄米がオススメ!

・その他

ハーブ、ナッツ、種子などが良いです。

また揚げ物や炒め物を減らすようにしましょう。

 

以上です。

抗酸化栄養素については今回でおしまいです。

次回へ続きます!

 

(※)果物
→ブラックカラント、ベリー類、イチゴ、マスクメロン
(※2)パン/シリアル/穀物
→胚芽とぬかの部分、全粒粉製品、レーズン、ふすま


美容整体サロンのオーナーがオススメするヘルスケア専門店はこちら‼︎
http://shop.moshimo.com/beauty_healthcare/



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング  にほんブログ村  食事療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ