読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルスケア・コンサルティング 食事療法ガイド

毎日の健康は食事から!このブログでは当サロンで提案している健康に良い食事、ダイエットやメタボ対策のための食事療法について書いています。

食事療法 〜美容・アンチエイジング〜

今回の食事療法は美容編の最後、

アンチエイジングです!

 

ただ前回の記事でも書きましたが、

美容は健康の上に成り立つもの!

アンチエイジングは健康にも大事です。

というわけで、ヘルスケア編でもあります。

 

アンチエイジング

つまり老化対策なんですが、

当ブログでは、

老化とは体が酸化しサビていくと仮定します。

 

酸化予防に必要な栄養素が、

抗酸化栄養素です。

抗酸化栄養素は活性物質を除去したり、

体内で抗酸化物質を作り出す栄養素の事です。

 

まずは活性物質と抗酸化物質について、

詳しく(?)ご紹介します。

 

 

【活性物質】

1.活性酸素    
他の分子や原子と電子結合しやすい

「不対分子」を持つ酸素です。    

分子を酸化させます。

但し、抗ウィルス、抗菌のための免疫効果もあり、
良い効果もあります。
しかし、増えすぎると身体の細胞を攻撃します。    
□種類: 
フリーラジカル    
・スーパーオキシドアニン    
 発生源:呼吸、電磁放射線、汚染物質 

 影響:細胞間    
・ヒドロキシラジカル    
 発生源:呼吸 影響:細胞内部    
・脂質アルコキシラジカル

/脂質ペルオキシラジカル/脂質ラジカル    

発生源:脂質が他の酸化剤から攻撃を受け連鎖反応 

影響:細胞膜    
②非ラジカル    

過酸化水素    
発生源:呼吸 

影響:酸化剤、ヒドロキシラジカルの発生源    
・一重項酸素     
発生源:紫外線 

影響:コレステロール酸化、脂質を過酸化  

 
2.活性窒素    

□種類:   
フリーラジカル    

・一酸化窒素    
 発生源:電磁放射線、煙草 

影響:酸化剤、ペルオキシニトライト発生源    
・二重化窒素    
発生源:酸化窒素と酸素が結合、大気汚染 

影響:脂質を過酸化    


3.活性塩素    
□種類    
①非ラジカル   
・次亜塩素酸    
発生源:好中球により塩化物が酸化 

影響:バクテリアを殺し細胞へダメージ    

4.共通

発生源: X線、オゾン、キノン、

多環芳香族炭化水素、遷移金属イオン(Fe,Cu)    
        

【抗酸化物質】    
1.修復酵素

損傷のある分子を修復、または取除く働きをします。

影響 細胞中    
2.抗酸化酵素

酸化物とフリーラジカル発生を助長します。

影響 細胞中    
→グルタチオンペルオキシターゼ、

スーパーオキシドシスムターゼ    
3.アルブミン、フェリチン、トランスフェリン(予防):

過酸化水素を取除きます。

影響 血漿    
4.小さな分子:

フリーラジカルを非活性化、除去します。

影響 細胞中    
→カロテノイド、フラボノイド、リポ酸、

尿酸、ビタミンC,E、CoQ10    

 

また長くなってきたので次回へ続きます。
To Be Continued...

 


美容整体サロンのオーナーがオススメするヘルスケア専門店はこちら‼︎
http://shop.moshimo.com/beauty_healthcare/



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング  にほんブログ村  食事療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ