読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヘルスケア・コンサルティング 食事療法ガイド

毎日の健康は食事から!このブログでは当サロンで提案している健康に良い食事、ダイエットやメタボ対策のための食事療法について書いています。

食事療法 〜美容に必要な食事 食物繊維〜

今回も美容、美肌に必要な食事 編です。

前回もチラッと書きましたが、

食物繊維 について、

もう少し詳しく紹介します!

 

皮膚、肌は内蔵の鏡とも言われ、
目に見えない体の中の調子が表れます。

特に便秘は美容の大敵です。
そこで、食事で腸内環境を改善し、
まさに体の中からキレイを目指しましょう。

 

腸内環境改善に必要な栄養素の一つが        
食物繊維

です。

  
人の消化酵素で消化されない難消化性多糖類で、

野菜に多く含まれます。

インシュリンの分泌を抑制する働きがある為、

糖尿病の方等はお医者様とよく相談の上、

摂取してください。

インシュリンは糖を脂肪にかえる働きがあり、

血糖値を下げる為に必要です。

しかしダイエットを目的にした場合、

脂肪の分解を妨げる為、適しません。

食物繊維インシュリンを抑制し、

ダイエットに効果が見込めます。

 

食物繊維は大きく二つに分類できます。

 

 
①水溶性食物繊維    
小腸の栄養素吸収をゆるやかにします。    
胆汁酸を吸着・減少・生産します。    
体内コレステロールを減らします。    
ゲルが糖分を包み込む効果があります。    
整腸効果が期待出来ます。    

供給源:
 ペクチン(熟した果実)    
 グルコマンナンコンニャク)    
 海藻多糖類(アルギン酸、寒天、フコイダン)

 イスリン(菊イモ)  

 

②不溶性食物繊維    

高吸水力で便のカサを増やし、

排便を促進します。
体内の有害物質等を吸着し体外へ排出します。    
ナトリウムを排出します。    

供給源:
 セルロース(野菜、穀類、小麦、ふすま)    

 リグナン(ココア、豆類、小麦、ふすま)  

 キチン(エビやカニの殻、キノコ) 
 グルカン(キノコ類)

 ※グルカンの中でも、

 αグルカン、βグルカン、BDグルカンには、

 免疫力増強、抗腫瘍作用があります。

推奨量(日):10g/1000kcal

水分補給が必要。

ミネラルや脂溶性ビタミンとは時間をずらす。 

 

また植物性と動物性の観点からだと、

以下に分類できます。

①植物性    

・アラビノキシラン:

ヘミセルロースの主成分。    
キシラン、アラビノースという単糖が結合したもの。    
→キシラン:キシリトール、キシリオリゴ糖を生成 
→アラビノース:スクラーゼ(※)の吸収を阻害
      

・フコイダン

胃粘膜の保護修復、

血中コレステロール値や中性脂肪の抑制、    
抗菌、抗酸化作用、MK細胞の活性化、

細胞アポトーシスの誘発
供給源:もずく、昆布、ひじき等に含まれる。    
推奨量(日) 1000mgぐらいが目安。    
      

・リグニン:

抗がん、抗ウィルス作用。


②動物性    
・キチン/キトサン:

分子の立体構造や酵素反応に重要なアミノ基。

コレステロール値の低下、脂肪吸収を防ぐ。 

ビフィズス菌の増殖を促進。    

 

以上です。

今回は美容に良いというテーマですが、

美容は健康の上に成り立つものです。

健康上も食物繊維は重要な栄養素で、

第6の栄養素と言われてます。

 

それでは今回はこのへんで…(^人^)

 

(※)スクラーゼ:砂糖を分解する酵素

 


美容整体サロンのオーナーがオススメするヘルスケア専門店はこちら‼︎
http://shop.moshimo.com/beauty_healthcare/



当ブログはランキングに参加しています。ポチっとしてもらえると嬉しいです!
美容・健康ランキング  にほんブログ村  食事療法 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログ 食育・食生活へ